2010年12月07日

ご質問の返答。


おはようございます。
ただ今、AM6:30 です。

ちょっと同じようなお問い合わせが2、3続いたのでブログにてご説明させていただきます。
HP、ニコルソンプラスにて販売しています『ワークデスク引出付』に大してのお問い合わせで、

hdk-03.jpg


Q:「右側だけで、なぜ座る正面には引出しはついてないのですか。理由があれば教えて欲しい」とのこと。


A:理由はございます。

よくある学習デスクやオフィスで使う事務机などは、引出しが2杯並んでいます。それが普通です。
ではなぜニコルソンのワークデスクは普通と違い、引出しが右側にしかないのかと言うと、作った僕自身が普通のデスクが使いづらいなって思ってたからです。

その理由は、一般的な高さのデスクで一般的なデスクトップタイプのパソコンを使い作業をしていると、パソコンの画面は目線と水平か少し低い位置になります。それだと僕は長時間の作業では首が疲れて肩も凝ってきます。
僕の姿勢が悪いってのも原因だと思いますが、出来れば視線はもっと下向きでの作業が楽です。

そのため、最近主流のガス昇降式オフィスチェアで座面を高くして作業します。
そうする事で画面を見下ろすことができちょっと楽になるのですが、ただ、先程も書いたように僕は姿勢が悪い。

いつも脚を組んで座る。
でも、座面を高くしているので脚を組もうと思ってもヒザが引出しの下に当たって組みづらい。
しかも組みづらいのにムリヤリ脚を組むから、姿勢がさらに悪くなる。
そんでもって首だけでなく、腰まで痛くなってくる。
引出しさえなければ楽に脚が組めて作業に支障がでることはないのに。

と、いうことで座る正面には引出しを付けていないのです。

早起きして眠たいまま書き込んだので、変な文章になってませんか。
意味伝わりましたでしょうか。

そんなこんなで以上です。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ
にほんブログ村












posted by ニコルソン店長 at 07:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 家具選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。